ミニログハウスのマスターハウスジャパン

ログハウス、ミニログハウスの屋根材メンテナンス


屋根材メンテナンスの必要性

 屋根は、日光、雨風などをダイレクトに受け、一番過酷な気象条件にさらされています。そのため、メンテナンスを怠ると屋根の防水機能が落ち、野地板や天井板が腐ったり、雨漏りしたりする危険があります。そこで、早目のメンテナンスが必要となってきます。

  • アスファルトシングルの場合

     ミニログハウスの屋根材にもっとも多いのが、アスファルトシングルです。10年ほど経過すると、表面の砂状部分が剥がれ落ちたり、ひび割れしたりして、防水性能が極端に落ちてしまします。そして、そのまま放置しておくと、雨水がしみこんで雨漏りするようになってしまいます。 メンテナンスとしては、古くなったシングルの上から新しいシングルを重ね貼りすることも可能です。また、古くなったシングルを塗装することもできます。
     マスターハウスジャパンでは、フィンランド製アスファルトシングルの販売もしております。

      
    屋根材シングルの防水塗装のビフォー、アフターです。新規登録しました
    (ビフォー)
    屋根材シングルの防水塗装前 屋根材シングルの防水塗装前
    ・築15年のログハウスのシングルはサンドが取れ、コケが生えていました。
     元のカラーはブラックでしたが白っぽいグレーに変色していました。
    (アフター)
    屋根材シングルの防水塗装後 屋根材シングルの防水塗装後
    ・再塗装はグリーンで行いましたが見違えるような出来栄えです。
     
    シングルの塗装手順は、カラーベストの塗装手順と同様
      1.高圧洗浄機でカビ、コケ等をきれいに落とし乾燥させる。
      2.下塗り
      3.中塗り
      4.上塗と専用シーラーの塗装,水性シリコン専用塗料を塗装します。


  • カラーベストの場合

     スタンダードログハウスの屋根材はカラーベストが圧倒的に多数でしょう。カラーベストもまた、10年ほど経過すると、カラーが剥がれ落ちて防水性能が大幅に落ちてしまいます。そのため、メンテナンスをしなければ、雨水が屋根裏にしみこんで断熱材を湿らせ、屋根が腐ってしまうこととなります。そうなると、屋根を剥がして部材の入れ替えをしなければならなくなり、大工事となってしまいます。
     カラーベストは塗装することによって防水性能が回復し、見た目も再び美しくなります。
塗装前カラーベスト カラーベスト塗装
塗装が必要な古いカラーベスト ログハウスのカラーベスト塗装

カラーベストの塗装手順
1. 高圧洗浄

 高圧洗浄機で汚れ、カビ、コケなどをきれいに落として乾燥させます。


カラーベスト塗装 高圧洗浄
2. 下塗り

 ローラーと刷毛でカラーベスト専用シーラーを塗っていきます。
 カラーベストのひび割れがある場合は下塗り前にコーキングの補修をします。
カラーベスト塗装 下塗り
3. 中塗り

 ローラーと刷毛でカラーベスト専用塗料を塗っていきます。
 性能のよい水性シリコン系の専用塗料がお勧めです。
カラーベスト塗装 中塗り
4. 上塗り





カラーベスト塗装 上塗り
5. 縁切り
6. 完成
カラーベスト塗装 完成

弊社では、屋根勾配によっては、できるだけ足場を使用せずに塗装を行うため、
足場代15万円程度が節約になります。

カラーベストの塗装をお考えなら、マスターハウスジャパンにお問い合わせください。

 TEL : 0773-59-2166  FAX : 0773-59-2167
 E-mail : masterhouse☆log-house.sakura.ne.jp (「☆」マークを「@」に変更して送信して下さい)
 ©2006 MASTERHOUSE JAPAN
ミニログハウスのマスターハウスジャパン